VAN(ヴァンヂャケット)
組合員への差別的取り扱い、親会社から排除する就労問題。
写真右は、2018年4月11日のVAN本社(蔵前)に対する、春闘申し入れ行動(約100名が参加)

電力中央研究所/株式会社セレス

電力中央研究所の実験作業を長年続けていた組合員が、電力中央研究所内の労働環境のストレスにより病気休職。その後、業務復帰について会社が組合員の就労環境を改善することなく、事実上復帰を阻み続けています。
FULRA JAPAN
フルラジャパン株式会社
イタリアの高級カバンブランドであるFURLA。しかし、いまその日本法人(フルラジャパン株式会社:倉田浩美代表取締役)で、そのブランドイメージとは相容れないような深刻なハラスメント、労災、そして雇用打ち切りという、信じがたい問題が生じています。
 写真右下は2019年3月の抗議行動、右上は4月の春闘統一行動におけるフルラジャパン前での行動。in front of HQ of Furla Japan 本社前

日本ダストコントロール協会
厚労省の「天下り」による、信じがたい労働者いじめが発生しています。

有限会社 大増
江戸川区に本社がある運送会社。組合員に対する嫌がらせ、団体交渉での確認内容無視など、さまざまな問題が発生しています。

本間ゴルフ 不当処分問題
株式会社本間ゴルフ本社:東京都港区六本木6−10−1六本木ヒルズ森タワー、工場:山形県酒田市
経営不振を理由に、慣習となっていた一時金を不支給。NU東京組合員が社員株主として、株主総会で発言した内容(公正取引委員会の調査に関連する事柄)を理由として、組合員に対して、見せしめとしかいえない戒告処分(2003年11月)。
 ■会社に対する抗議申し入れ文
会社はいまだに、この不当な処分を撤回していません。社員株主として当然の質問をしたら処分とは? 
 問題発生:2001年春〜
 業種:ゴルフ関連製品の製造・販売

フルラジャパン問題に関する「労働情報」紙記事



  ◆TOPページに戻る